1. HOME
  2. おすすめ商品
  3. 菓子
  4. 麦こがし

麦こがし

弊社の売れ筋No1.の製品です。

昔なつかしい秩父の味を再現したお菓子です。秩父地方は昔、米がほとんど取れず、麦などの雑穀を食べて生活していました。農作業の合間に食べる「こうせん」のお菓子が何とも言えず美味しかったそうです。「こうせん」は大麦を「ほうろく」という鉄の熱い鍋で炒って焼いて石臼で引くとできます。「こうせん」にお砂糖を混ぜておやつとして食べました。焼いた大麦の香ばしさと、お砂糖の甘さが農作業の疲れを癒しました。

亀沢屋の「麦こがし」は「こうせん」の生地の中に白餡に刻んだ栗をたくさん入れた秩父らしい香ばしいお菓子です。店を訪れる購入される年配の方には「なんだか懐かしい味だね」と言われます。それは、製品に使われている麦粉・こうせんの風味の為かもしれません。

昔々、私が小さい頃、母親がおやつに、湯飲みにこうせんと砂糖を入れ、お湯を注いで練って食べさせてくれた思い出がありますが、おかわりした事はなかったと思います。びっくりするほど美味しい味ではありませんが、そんな味だからこそ、こうせんはおふくろの味安心できる味なのかもしれません。製法は、砂糖・卵・こうせん等を混ぜた生地で、刻み栗入り白餡を包み、粉糖をまぶし焼いたお菓子です。

その他のおすすめ商品